監督の独り言d(^_^o)

レーシック・スキー・サッカー・Jr.・ケガ 等の話題を随時掲載します。
ドモ\( ̄▽ ̄*)(* ̄▽ ̄)/ドモ
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニックのプレミアム アイデザインレーシック
iLASIK 検査の動画はコチラコチラ
iLASIK 手術の動画はコチラ(ホリエモン)
割引券はコチラ

スキー全国雑誌【スキーグラフィック】に
【美和スキークラブ】が掲載されました
『私』^^と『弟子』の写真入り(^^)v

LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
監督のオススメ(^^)v
↓マテリアルを激安で手に入れるならココ


痛み止めならコレ↓

スマートフォン用ウィルス対策アプリ シマンテックストア

↓良かったら、応援してください^^
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

SPONSORED LINKS




ロリポップ!レンタルサーバー

ムームードメイン

楽天


.
Amazon


CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 疲れ目だけじゃない「目のかすみ」の原因 | main | 神戸神奈川アイクリニック アイレーシック 4万円引優待券(割引券) >>
冬の眼のトラブル「雪目」に注意!
スキーやスノーボードでたっぷり遊んだあとに、モノが見えにくくなったという経験はありませんか?
それは「雪目」と呼ばれる目の炎症症状の一種です。

以下、神戸神奈川アイクリニックより抜粋。

「雪目」は、正式には「雪眼炎(せつがんえん)」と呼ばれる症状です。白い雪は太陽の光を反射しやすく、高地の方が紫外線の量が多いため、ウインタースポーツなどで直接雪を見続けてしまうと、大量の紫外線を眼に浴びる事になってしまいます。角膜が長時間、直接紫外線にさらされることで角膜が日焼けして、炎症を起こします。

特徴としては、すぐに症状が起こるわけではなく、紫外線を浴びた角膜が傷つき、数時間してから症状が起こることがあげられます。角膜が傷つき炎症を起こすと、充血や目の違和感、涙や目やにが出ることもあります。ひどくなると痛みが伴い、よりまぶしさを感じます。

雪目になったら一度は眼科医に受診し、傷の程度を検査することが必要です。治療は原則として、眼を安静にし、自然治癒を待つということになります。角膜が傷ついている状態なので、目をこすったりしないように気をつけてください。雪目は慢性化することもある病気なので、治りかけてすぐに長時間光を浴びたりせず、眼をしっかり休めることが大切です。

雪目を予防するためには、紫外線を避けるためにUVカットのサングラスや、ゴーグルを使用することが効果的です。スキーやスノーボードなどで雪山に行く時は、忘れずに用意しましょう。
冬でも、天気が良い時は紫外線が降り注ぎます。大切な眼を守るためにも、紫外線対策を忘れずに!

| レーシック(LASIK)について | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 11:11 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taka19731111.jugem.jp/trackback/1657
トラックバック