監督の独り言d(^_^o)

レーシック・スキー・サッカー・Jr.・ケガ 等の話題を随時掲載します。
ドモ\( ̄▽ ̄*)(* ̄▽ ̄)/ドモ
神戸神奈川アイクリニック
iLASIK 検査の動画はコチラコチラ
iLASIK 手術の動画はコチラ(ホリエモン)
割引券はコチラ

スキー全国雑誌【スキーグラフィック】に
【美和スキークラブ】が掲載されました
『私』^^と『弟子』の写真入り(^^)v

LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
監督のオススメ(^^)v
↓マテリアルを激安で手に入れるならココ


痛み止めならコレ↓

スマートフォン用ウィルス対策アプリ シマンテックストア

↓良かったら、応援してください^^
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

SPONSORED LINKS




ロリポップ!レンタルサーバー

ムームードメイン

楽天


.
Amazon


CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 子供たちに贈る最高の財産とは | main | スゥエーデンハウス体験宿泊 >>
お金

最近はテレビや新聞を通じ、(←といっても家ではほとんどテレビは見ませんが)^^
生活保護のニュースが沢山報じられています。


現在生活保護の受給者は210万人以上。
60年ぶりに過去最多を記録しているとのことです。


毎月右肩上がりの増加傾向。


生活保護の給付総額は2012年度、
3兆7,000億円を超える見通しで、
この5年間で約1兆円も増加しているのです。


他人ごとでは無く。
真剣に考えなければならないと私は思いました。


惨状とも言える日本の現実から目を背けること無く。
私たちの行く先々に存在する問題に立ち向かわなければなりません。


先日、テレビ番組で20代半ばの若者がホームレスとして、
東京都内で生活している様を描いた
ドキュメンタリーをやっていたので見ていました。


「若いんだから働けるんじゃないか?
 何で就職しないで毎日フラフラしているんだ!」

一昔前の大人たちならそう雷を落としそうな光景でしたが、
この問題は今非常に根深いものだと感じました。


テレビ出演していたこの青年が、
なぜホームレスになってしまったのか?
その背景部分は分かりません。


けれども今、
そしてこれから先の日本には、
こうした本来働き盛りの20代青年がホームレスになるリスクは、
いたるところに潜んでいるのです。


たとえば、
青年のような完全なるホームレスとまではいかなくとも、
ネットカフェ難民という言葉が日本で流行っています。


アルバイトだけで何とか食いつなぐ日々の生活。


アパートも借りる事もできず、
シャワーもトイレも、寝る場所も確保できるという事で、
インターネットカフェで毎日寝泊まりしている、
20代、30代の若者たちが増加しているそうです。


何も好き好んで、
インターネットカフェで生活したくて、
しているわけではありません。


彼らはアパートを借りたくとも、
借りる為の数十万円のお金がないのです。


どこの企業も売上・利益の捻出に苦しみ、
人件費をカットしている中、

彼らは正社員になりたくとも、
なれないでいるのです。


結果、時給800円などのアルバイトなどに、
甘んじるしか無いのが現状なのです。


日々、自分の労働と時間を対価に、
ようやく獲得できる安い賃金。


日々の生活費で無くなってしまうため、
お金を貯めることもできず、
生きる為に長時間働かなければなりません。


いつもお金の工面で頭がいっぱいになり、
余裕を持って考える時間も持てなくなります。


今日その日を食べていくために、
全ての思考を使い果たしてしまうのです。


こうなってしまうと人間誰しも、
やがて考えることを辞めます。


ただ、長時間アルバイトを続けているだけ。

その内やる気自体を完全に喪失してしまう。


こうして今の日本では、
沢山の若者たちのネットカフェ難民が日々生まれているのです。



日本では所得格差がどんどん拡大しています。


目に見えるもの、見えないもの、
様々な種類の格差が存在しているのです。


これは紛れも無い事実なのです。




▼生きる術を子供たちに


これから私たちは、
子供たちに何を伝えていけばいいのでしょうか?


優秀な成績で偏差値の高い学校を卒業することでしょうか?


一部上場している大企業に就職することでしょうか?


その答えはどちらもNO(ノー)なはずです。

そろそろ私たちは認めてしまっても良いのではないでしょうか?


既に時代は変わっているということを。


これからの時代・・・

私たちの子供の世代に大切なことは・・・

賢く生きるための知恵であり

強く生き抜くための知恵であり

自ら稼ぐ力を造り上げることだと思います。


そのどれもが、
学校では決して教えてくれないことばかり。


けれども、
これからの時代の子供たちが生き残るためには、
そういう知恵の方が大切なはずです。


学校では教えてくれないことは、
保護者である私たちが学び、
子供たちに教えてあげる必要があるのです。


この前も、保育園の先生と話す機会がありましたが、

彼女達は公務員なので、定年まで終身雇用で給料右肩上がりなんですね。

だから、今だに時代の変化が分かっていませんでした。

あなた方が見ている園児達には、その考え方はもう通じないのですよ。

そんな事さえ、分からないのですね、と話しながら分かってしまいました。



アメリカでは「マックジョブ(byマクドナルド)」と呼ばれる、
低賃金アルバイトの仕事をする、
60代の高齢者が増えているとの事です。


スペインでは若い世代の失業率は50%を超えています。


ユーロ圏全体でも失業率は20%を超えてくる事になるかもしれせん。


世界中の先進国では、
下層階級は増加の一方にあるのです。


今後共この二極化の波は、
特に先進各国で進んでいくことになります。


I.T.の急速な発達が、これを更に加速させます。

(仕事の複製化によって、
 今まで数百人でやっていた仕事が一人でもできるのがI.T.。)


そんな中、
私たちの生まれ育った日本はどうでしょうか?

恐らく日本の失業率も、
これからますます増加する一方だと思います。


20代、30代の若い世代じゃあありません。
40代、50代・・・全ての年代の失業率が増加して行くはずです。


そして、
「正社員」と呼ばれていた、
正規雇用の割合がどんどん減って行く事になるでしょう。


今日時点でも既に、
男性の非正規雇用率は20%を超え、

女性の非正規雇用率は50%を超えています。


毎年非正規雇用率の割合が増えていっているのです。


非正規雇用化は、
「生涯収入」の大幅な低下をもたらします。


今日現在でも非正規雇用では、
頑張っても年間大体200万円から250万円程度の年収。


正規雇用であれば、
一生涯で1.5億から2億円程度の所得を獲得できる計算が立ちますが、

非正規雇用では、永年退職の年齢まで頑張り続けていても、
生涯収入8,000万円程度というのが実態なのです。


さらに恐ろしい事に、
たとえ正規雇用であっても、
過去20年間で考えた場合、
予想される「生涯収入」が減ってきているという事実があります。


日本全体の所得の低下は、
社会保障維持コストを補えなくなる最大の理由の一つとなります。


稼ぎが少なければ税金を払う額も少なくなりますし、
年金も払いたくても払えなくなります。


既に国民年金の未払い率が、
全体の40%を超えていますが、
払いたくても払えない人たちが沢山いるのです。


今後予想される、
年間1兆円ずつ増加する社会保障費用を、
一体誰がどのように補っていくのでしょうか?


正規雇用の現象、非正規雇用の増加、さらには所得の現象は、
結果的に日本という国の疲弊をどんどん加速化させる事になるのです。


・年金問題

・介護問題

・医療問題

・増え続ける国債

・高齢化社会

日本が抱えている様々なリスクが、
ますます表面化して行くのです。


年間の所得が250万円では、
結婚をしたくても結婚できません。


正規雇用の減少は、未婚率の増加にもつながっています。


当然、
子供が欲しくても子供に満足な教育を受けさせてあげる事も出来ません。


子供たちが大人になった時・・・
仕事を見つけることが出来ず、
正規雇用の座を獲得することが出来ず、
一生涯生きるためにお金を稼ぐ・・・。

そんな恐ろしい「未来」が待ち受けているかもしれないのです。


私たちは共に、
現実世界の現状から目を離す事なく、
10年後、20年後、30年後・・・。

子供たちの将来を見据えて、
考え行動しなければなりません。


子供たちにお金を稼ぐ目的を教えて行かなければならない。

子供たちにお金の持つ本質を教えていかなければならない。

子供たちにお金を持つ意味や活かす術を教えていかなければならない。


だからこそ、私たち自身が今、
お金についてもっともっと勉強し、考えて、
お金を稼ぐために行動を起こさなければならないのです。


お金について学び、身につけた知恵。


これからの時代を、
強く生き抜くための知恵。


「自らの力で稼ぐ力」


これは私たちにとって、
一生の大きな財産になるばかりではなく、


私たちの子供たちの世代にも、
継承され続けて行く、家宝となるはずなのです。




▼お金の本質を知る


私たちはもっともっと考えなければなりません。
お金の本質というものを・・・。


たとえば・・・
1万円という紙幣は30円以下のコストで作る事が出来るそうです。


5円というお金は5円で作る事ができないそうです。


なぜ1万円は1万円の価値があるのでしょうか?


原価たった20〜30円でしかないものが、
なぜ1万円として通用してしまうのでしょうか?


これは単なるお金との信頼関係でしかありません。


1万円札が、どこのお店にいっても1万円の価値を持つからこそ、
1万円として通用しているのです。


50年前までは、
アメリカで米ドルを渡せば、
代わりに同等の金を交換してくれたそうです。


しかし、その制度は50年前に無くなっています。


現在100ドルは3ドル以下のコストで作る事が出来るそうです。


信頼関係があるからこそ、100ドルは100ドルの価値を持っているのです。


もう一度改めて考える必要があります。


私たちの人生何が一番大切なのか・・・?


愛する子供たちでしょうか?

愛する奥さんでしょうか?

お金が一番大切なのでしょうか?


お金が全てでは無いはずです。


お金を自らの価値の中心に置く必要は無いのです。


なぜなら、
「お金は価値の表現方法の一つでしか無い」からなのです。


本当はお金なんかあっても無くっても、
お金の本質さえ知っていれば、
裕福に暮らすことさえできるのです。


本当に重要なのは、
いつ信頼関係が崩壊するかもわからないお金自体ではなくて、

たとえお金の存在自体がどうなろうとも、
「価値を創出し続けられる力」方なんです。


たとえば、
お金のことで将来苦労しないように、
もっともっとお金を稼がなければいけない。


もっとお金の事を知って、
お金を増やさなければならない。


でもなかなか上手くいかない。


・・・もしも、
私たちがこんな循環に入ってしまっているとしたら、
改めて考える必要があるのです。


各々の価値観について考える必要があるのです。


お金を思い、苦しむのでは意味がありません。


もっと気軽に取り組めば良いのではないでしょうか?


もっと楽しみながら学んで行けば良いのではないでしょうか?


お金のことで脅迫観念に追われる事など無いのです。


マイペースで、自然体で取り組んでいく。


もっともっと楽な気持ちで、
ビジネスや投資のことについても、
取り組むことができるはずです。


親子で一緒になって楽しくお金について語り合う。


私たちが先に得た知識を、
隠すこと無く子供たちに伝えて行く。


そうして家族で一緒にお金について学び、
楽しみながら体験し、ともに成長する環境を整える。


まず、今の私たちにはこれが必要なのでは無いでしょうか?



今日は最初にお金にまつわる恐怖、
暗黒面のお話を聴いてもらいました。


その上でお金の本質、
私たちのお金に対する恐怖心を捨て去ることの大切さ、
を聴いてもらいました。


お金は表裏一体。
どちらもお金の持つ側面・・・ですが、


お金が表裏一体のように見えるのは、
私たち人間の心や感情がそうさせているに過ぎません。


これから私たちの活動を続ける上では、
お金の暗黒面を克服し、
お金をもっと楽しむようになる必要があります。


それは、自分自身だけではなく、
子供たちも含めてです。


大切なことは、
まずは私たち自身が変わる事だと思います。


私たち自身のお金に対する姿勢と態度を変える事です。


私たちの親がやって来なかった事を、
子供にやってあげる事です。


お金というと、
巷ではどうしても「暗黒面」の一面ばかり取り上げられてしまっていますが、
本来「お金」を稼ぐことは「価値の創造」をする行為。


もっともっと楽しいことのはずなのです。


私も昔は巷の大多数の方々と同じように、
お金に対する暗黒面の恐怖ばかりが見え、
不安を抱き続けていました。

なぜなら、そういう風に周りから洗脳されていたからです。


けれども、お金の師匠に会い、その言葉を聞き、
自分のお金に対する姿勢と態度を変えたことによって、
今はお金の楽しい側面ばかりを体験することができています。


さらに、それは私自身だけでなくて、
私の姿勢と態度を直ぐ真横で見ている、
私の子供たちにも伝わって行ったのです。


今すぐ、お金についての考え方を改めましょう。


ひょっとすると、
その小さな決断と行動が、

今後の人生を大きく激変させるキッカケになるかもしれません。

子供たちの未来を激変させるキッカケになるかもしれません。

もしも、今このブログを見ているあなたに子供や孫がいる場合、
今すぐ考え始める必要があります。


もしくは、
大切な親族、友人たちに子供や孫がいる場合、
今日学んだことをすぐにシェア頂きたいと思います。


なぜならこのお話は、
「日本の子供たち」のことを考えること。


僕たちが生まれ育ったこの日本の未来に、
直接関わることだからです。



チャーリー・タカの『海外投資バイブル』



にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村



JUGEMテーマ:マネジメント

 
| 監督のオススメ | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 11:11 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック